アクセス アフィリエイト キーワード コピーライティング ネットビジネス ブログ モチベーション 情報発信

アドセンス×トレンド今話題になっている キーワードで記事を書く

投稿日:2017年5月19日 更新日:

これはトレンドサイトでの

 

 

記事作成での王道的手法ですが、

 

 

このやり方でアクセスを

 

 

 

爆発させるには、

 

 

いかにアクセスを集めることが

 

 

できるキーワードで

 

 

記事を素早く

 

 

 

公開することができるかに

 

 

かかっています。

 

Yahoo リアルタイム検索などに

 

 

ポッと現れるキーワードから

 

 

アクセスを呼べそうなものを

 

 

 

ピックアップしたりします。

 

どういった内容が

 

 

当たるかなどは

 

 

 

数をこなすことで、

 

 

勘と経験値を養い、

 

 

 

その精度を上げていきます。

 

 

この手の記事はいち早く

 

 

情報をキャッチして、

 

 

それを適切に

 

 

まとめ上げる力が

 

 

必要になってきます。

 

 

また記事の

 

 

インデックススピードにも

 

 

 

左右されます。

 

インデックススピードとは、

 

 

記事が公開されてから、

 

 

実際に検索ページに

 

 

表示されるまでの

 

 

スピード(時間)のことです。

 

今話題のキーワードで

 

 

記事を書く場合は、

 

 

当然インデックススピードが

 

 

早い方が断然有利になります。

 

立ち上げたばかりのサイトは、

 

 

大体インデックスされるまで、

 

 

6時間から

 

 

12時間くらいかかります。

 

サイト運営期間、

 

 

更新頻度と共に、

 

 

インデックススピードは

 

 

速くなります。

 

 

最も早くなると、

 

 

記事を更新した瞬間に

 

 

インデックスされるように

 

 

なります。

 

これは

 

 

どういうことかというと、

 

 

検索結果には、

 

 

Google のクローラーと呼ばれる

 

 

情報を収集するための

 

 

プログラムが取得(インデックス)した

 

 

データが表示されます。

クローラーは

 

評価の高いサイトの

 

更新情報を

 

 

優先的に収集する

 

 

傾向にあります。

 

出来たてのサイトは

 

 

この評価が低いため、

 

 

クローラーの巡回頻度が

 

 

どうしても

 

 

低くなってしまいます。

 

頻度を高めるには、

 

 

きちんと評価される記事、

 

 

サイト作りを

 

 

心掛けないといけないです。

 

というような理由により、

 

 

この方法でのトレンド記事作成の

 

 

難易度が最も高いです。

 

テレビで放送された事に対する記事

 

テレビが放送された直後に、

 

 

そのことに対しての記事を

 

 

公開することが できれば、

 

 

かなりのアクセスを

 

 

集めることができます。

 

 

やはりテレビの持つ

 

 

影響力はすごいです。

テレビで紹介された商品などがあれば、

 

 

それを取り扱っているWEBサイト

 

 

が一時ダウンするといったことも

 

 

よく聞く話だと思います。

 

もし可能であれば、

 

 

番組を見ながら

 

 

記事を書いていくことができれば

 

 

効率的ですね。

 

ダイエット系のネタや

食事系(メニューやレストラン)のネタ

 

 

などがこのケースに

 

 

当てはまりやすいと言えます。

 

自分もこのやり方で、

 

 

いくつか当てています。

 

テレビ番組表などから

 

 

当たりそうなネタを

 

 

予め探す必要がありますが、

 

これは何度か経験する内に

 

何が当たりそうか

 

分かるようになります。

 

これはどういうことかというと、

 

数をこなす内に

 

どういったネタが

 

 

話題になりやすいのかの傾向が

 

 

掴めるようになってきます。

例えば、

 

一度テレビで紹介された

 

 

レストランの記事を書いて

 

 

アクセスを集めることができたら、

 

 

その番組で紹介される

 

他のレストランのことも

 

記事にしてみるというような

 

検証をしてみます。

そして、もし何度かそれらの記事で

 

 

アクセスを集めることができれば、

 

その番組で紹介される

 

 

レストランネタは常に一定の

 

アクセスを望める

 

ということが分かります。

 

他にも、

 

 

番組ではなく、レストランの系統の方に

 

 

目を付けて、

 

 

同じ系統のレストランが

 

 

別の番組で紹介された場合に、

 

 

それを記事にしてみる。

 

そうしてアクセスを

 

 

集めることができれば、

 

 

その系統のレストランが

 

 

テレビで紹介されれば、

 

 

やはりアクセスを

 

集めることができるといる

 

 

推測をすることが

 

 

できるようになります。

トレンドサイトでは、

 

 

目先の話題だけに

 

 

目をむけるのではなく、

 

 

これまでのデータからある程度の推測、

 

 

仮説を立てるということも

 

 

効果的です。

 

 

自分の場合は、

 

 

この方法が得意です。

 

予想が立てやすい分、

 

 

難易度は中くらいだと

 

 

思います。

未来に確実に起こることを記事にする

 

 

イベントや自然現象が

 

 

これに当たります。

 

 

例えば、

 

 

有名な

 

 

クリスマスイベントなどあれば、

 

 

前もってそれを

 

 

記事にしておけば、

 

 

そのイベント日の

 

 

1 週間くらい前から

 

 

アクセスが集まり始め、

 

 

イベント当日に爆発します。

実験的に試してみましたが、

 

 

予想通りアクセスは集まりました。

 

自然現象も

 

 

同じことが言えます。

 

例えば、

 

 

しし座流星群の

 

 

記事を書いたところ、

 

 

やはり 1 週間くらい前から

 

 

アクセスが集まり始め、

 

 

流星観測当日には

 

 

1 日で 1 万ページビューを

 

 

超えました。

 

日本で観測可能であった、

 

 

皆既日食や

 

 

金環日食であれば、

 

 

さらに爆発的なアクセスを

 

 

集めることができたと

 

 

思います。

 

アクセスが集まりそうな、

 

 

イベントや自然現象について

 

 

予め情報をキャッチして

 

 

記事にするだけなので、

 

 

難易度は低いです。

しかも、

 

 

当日の 1 週間前くらいから

 

 

アクセスが集まり始めるので、

 

通常のトレンド記事に比べて、

 

 

記事としての

 

 

 

寿命が長いです。

これら 3点を心がけて

 

 

記事を書くことで

 

 

爆発的なアクセスを

 

 

集めるきっかけに

 

 

なるはずです。

 

次はトレンドサイトの

 

 

記事における属性について

 

 

考えてみたい

 

と思います。

トレンドサイトにおける

 

記事の属性は2つあります。

1つは、瞬間的にアクセスを集めて

 

 

その後収束するもの

 

 

2つ目は、

 

 

 

継続的にアクセスを

 

 

集めるものです。

瞬間的に

 

 

アクセスを集める記事というのは、

 

 

事件や急に話題になる

 

 

出来事の記事です。

 

芸能人の恋愛発覚や、

 

 

スポーツ選手の不祥事、

 

 

テレビで紹介されたもの

 

 

などです。

 

これらの記事は

 

 

瞬間的にアクセスを

 

 

爆発させる破壊力を

 

 

秘めています。

 

 

1日で1万、

 

 

2万ページビューを

 

 

集めることも可能です。

 

そのような爆発力を秘めている半面、

 

 

継続的な

 

 

アクセスはあまり

 

 

望めません。

 

つまり、一発屋的な

 

記事というわけです。

 

記事としても

 

 

寿命は短いですが、

 

 

トレンドサイトとして

 

 

アクセスを 集めていくには、

 

 

このタイプの記事を

 

 

狙っていけるようになる

 

必要があります。

これが結果として

 

 

サイト全体のアクセス数の

 

 

底上げとなります。

 

次に継続して

 

 

アクセスを集める記事です。

 

継続してアクセスを集めると言う事は、

 

 

一過性の話題のニュースではない

 

 

タイプのものになります。

 

継続して検索される

 

 

タイプのものですね。

 

例えば、

 

 

ダイエット方法や

 

 

料理やインテリアなどの

 

 

作り方系、

 

 

レストランなどの

 

 

スポット紹介

 

 

などですね。

これらがテレビや雑誌などで

 

 

取り上げられた時に

 

 

記事にしておき、

 

 

その際詳細な説明と共に

 

 

役に立つ記事にしておくことで、

 

 

その後も継続的な

 

 

アクセスを集める事が

 

 

できます。

 

トレンドとしての

 

 

話題を記事にするというより、

 

 

役に立つ情報を

 

 

まとめておく感じですね。

 

 

爆発的なアクセスは望めませんが、

 

 

安定的なアクセスを集めることが

 

 

できる渋い記事といったものです。

 

この2つの属性の記事を

 

 

バランスよく構成させることで

 

 

安定的なアクセスを

 

 

繋げることができます。

さらに、実はこの2つの属性の

 

 

ハイブリット的な

 

 

考え方もあります。

 

トレンドで記事を

 

 

爆発させるには、

 

 

話題をいち早くキャッチする

 

 

必要があります。

でも、ずっと

 

PC に張りつてでもいない限り、

 

 

そうそう素早くキャッチすることは

 

 

難しいですよね。

 

そんな時は、

 

 

未来のことを取り上げて

 

 

おくことがよいということは、

 

既に説明している通りです。

ここでさらに深く考えてみると、

 

 

未来の事でかつ、

 

 

継続的に発生する話題

 

 

を取り上げることが

 

 

効果的だと気が付きます。

毎年必ず発生する

 

 

イベントのことですね。

バレンタインや

 

ハロウィーン、

 

スポーツイベント、

 

 

アイドルのコンサート

 

 

などです。

これらのことを

 

 

詳しく取り上げた

 

 

情報満載の記事を

 

 

作成することで、

 

 

毎年その時期になると

 

 

安定的なアクセスを

 

 

集めることが可能になります。

 

トレンドサイトでは、

 

 

日々話題を取り上げて

 

 

記事を作成することになりますが、

 

 

そのやり方だけでは、

 

 

さすがに息切れしてしまいますので、

 

 

このようなタイプの記事を

 

 

1年のカレンダーに中に

 

 

満遍なく散りばめて

 

 

おくことで、

 

 

アクセスアップの

 

 

援護射撃として

 

 

 

役に立ちます。

アクセスを集めることのもうひとつの効果

 

 

トレンドサイトでは、

 

 

話題性のある情報を

 

 

いち早くキャッチし、

 

 

それを記事にして

 

 

アクセスアップを図りますが、

 

 

アクセスアップの効果は

 

 

何も報酬の

 

 

発生率を高めるばかりでは

 

 

ありません。

アクセスを集めることで

 

 

もうひとつ効果があります。

 

例えば、

 

 

ある商品がテレビ番組で

 

 

紹介されたとします。

 

そこで

 

 

「商品名、番組名、放送日」の

 

 

キーワードで記事を

 

 

書いたとします。

 

本当は「商品名」だけで

 

 

上位検索されれば

 

 

一番いいのですが、

 

 

公開されたばかりの

 

 

記事においては、

 

 

よほどライバルが

 

 

少なくない限り、

 

 

1つのキーワードだけで

 

 

上位表示されるということは

 

 

ほぼありません。

 

 

あとは、よほどの

 

 

ニッチワードであるなどですね。

そこで3つ、

 

 

4つの複合キーワードで

 

 

上位表示することを狙います。

 

今回の例で言えば、

 

 

「商品名、番組名、放送日」の

 

 

3つの複合キーワードで

 

 

タイトルを付けます。

 

仮にこの記事が爆発し

 

 

アクセスを集めることが

 

 

できたとしたら、

 

 

Google よりこの記事は

 

 

価値があるという

 

 

評価を受けられます。

 

その結果、

 

 

次第に3つの複合キーワードでなく

 

 

2つのキーワードでも上位表示

 

 

されるようになります。

つまり

 

 

「商品名、番組名」だけで

 

 

検索されるようになると

 

 

いうことです。

それにより

 

 

さらにアクセスが

 

 

集まります。

 

そうすると、

 

 

さらに評価が高まり、

 

 

最終的には

 

 

1つのキーワードのみで

 

 

上位表示されるように

 

 

なります。

 

 

この場合ですと、

 

 

最終的には

 

 

「商品名」だけで

 

 

検索されるということです。

いきなりひとつのキーワードだけで、

 

 

上位表示を狙う事は難しいですが、

 

 

複合キーワードでア

 

 

クセスを集め、

 

 

徐々に記事の価値を

 

 

高めていくという方法で

 

 

アクセスアップは

 

 

狙うべきです。

この方法でいくもの記事を

 

 

ひとつのキーワードで上位表示する

 

 

ことができています。

 

 

これももちろん

 

 

最初からではなく、

 

 

検索回数の高まりと共に、

 

 

徐々にという感じです。

 

タイトルに

 

 

キーワードを盛り込む際は、

 

 

 

このように将来的に

 

 

 

どのキーワードを

 

 

一番強くしたいかなども

 

 

考えながらタイトル付けをすると

 

 

 

効果的です。

 

もうひとつ

 

 

サイトにアクセスを集めることによる

 

 

 

効果を挙げます。

 

トレンド記事は

 

 

基本的には一過性の記事になるので、

 

 

時間と共に

 

アクセス数は下がりますが、

 

 

一度大きな爆発をさせておくと、

 

 

その後のサイト全体のアクセス数が

 

 

少し底上げされます。

 

例えば、始めたばかりで

 

 

1日のページビューが

 

 

100しかなかったとしても、

 

 

5000ページビューの

 

 

爆発を起こすことで、

 

 

爆発後のサイトのアクセス数が

 

 

底上げされて、

 

 

1日のページビューが

 

 

200とか300とかに

 

 

アップします。

 

これはサイトに

 

アクセスが集まることで、

 

 

サイト全体の評価が高まるため

 

 

だと思います。
これを繰り返すことで、

 

最終的に安定的に

 

 

アクセスが集まるサイトになります。

 

 

記事は再度爆発する

 

これまで

 

 

トレンドサイトの

 

 

記事におけるアクセス数の爆発

 

 

(一気にアクセス数を伸ばす)

 

 

ことについて、

 

 

お話ししてきましたが、

 

 

この爆発というのは

 

 

1記事1回だけと

 

 

いうことではないです。

 

記事は

 

 

再度爆発させることができます。

 

例えば、

 

 

あるスポーツ選手の

 

 

活躍が話題になり、

 

 

その記事を公開したとします。

 

その記事にアクセスが集まり、

 

 

評価が高まり、

 

 

上位表示されるように

 

なった場合、

 

 

その選手が

 

 

何か問題を起こした場合や

 

 

活躍した場合など

 

 

世間の注目を

 

 

集めた際に、

 

過去に書いた記事が

 

 

再びアクセスを集め

 

 

再度爆発します。

新しく話題になった方を

 

 

記事にしても、

 

 

そちらにアクセスが集まらず、

 

一方的に過去に書いた記事の方に

 

 

アクセスが集まるとい事があります。

ここから分かることは

 

 

過去記事がある程度

 

 

上位表示される状態であれば、

 

 

必ずしもその話題に

 

 

完全にマッチしたタイトルでなくても

 

 

 

アクセスは集まる

 

 

という事です。

 

過去に「しし座流星群」で

 

 

アクセスを集めたことがありましたが、

 

 

その後の「ふたご座流星群」が

 

 

観測できる日にもいきなりアクセスが

 

 

上がりました。

 

明らかに「ふたご座流星群」で

 

 

検索してきている人が流れてきている

 

 

ようでした。

 

 

このように関連しているだけでも

 

 

十分アクセスは

 

 

集められるというわけです。
もちろん本家の

 

 

「ふたご座流星群」の

 

 

記事とのアクセスは

 

 

 

比較にはなりませんが。

 

ちなみに、

 

 

 

再度爆発しやすい記事というのは、

 

 

有名人などの人に

 

 

フォーカスした記事

 

 

テレビで紹介された

 

 

レストランや料理、

 

 

ダイエットネタなどです。

 

 

その人物で他の話題が発生した時に

 

 

再度アクセスが

 

 

集まりやすくなります。

 

また、扱う人物は

 

 

既に有名な人よりは、

 

 

まだあまり

 

 

メジャーではない人の方が

 

 

ライバルが少なく、

 

 

注目を集めた時に

 

 

記事が爆発しやすくなります。

こういった

 

 

あまりメジャーではない

 

 

 

人物についての記事を

 

 

いくつか予め仕込んでおくことも

 

 

有効です。

 

一気に爆発させるというよりは、

 

 

地雷のようにセットして

 

 

寝かせておくという感じです。

 

一度紹介された内容が、

 

 

別の番組で

 

 

再度紹介されることがあり、

 

 

 

その場合に、

 

 

再度爆発する可能性が

 

 

高まります。

 

爆発とまでいかなくても、

 

 

再度記事がクローズアップされて

 

 

アクセスを

 

 

集めるといことは

 

 

珍しくありません。

 

 

最初の頃の記事数が少ない時は、

 

 

毎日アップした記事しか

 

 

ほとんどアクセスを

 

 

集めることができないと

 

 

思います。

つまり常に

 

 

アクセスを集めることができる記事を

 

 

書き続けないと

 

いけないという気持ちになってしまって、

 

 

後に気持ちが続いていかない

 

 

ということが起きてしまします。

 

でも、これは最初の記事数が

 

 

少ないときだけです。

 

 

記事の数が増えてくると、

 

それだけ扱う記事の

 

 

バラエティも増えてきます。

 

そうなってくると、

 

 

過去の記事に

 

 

アクセスが

 

 

再度集まることも

 

 

よくあります。

 

目安は記事数が

 

 

100~200を

 

 

超えたくらいからです。

 

 

そこまでは

 

 

根気よく記事を

 

 

書き続ける努力が必要です。

ずらした複合キーワードで上位表示を狙う

 

複合キーワードで

 

 

記事タイルを付けることについて

 

 

お話ししましたが、

 

 

メジャーな話題の場合、

 

 

この複合キーワードを

 

 

まともに付けても

 

 

競合が多くて、

 

 

最初はなかなか

 

 

上位表示させることができない

 

 

ということがあります。

 

実際には

 

 

検索ページでの

 

 

上位表示には

 

 

本文の内容や、

 

 

メタタグの

 

 

キーワードなど、

 

 

他の要因もありますが、

 

 

圧倒的に記事タイトルの比重が

 

 

大きいです。

 

 

なので、

 

 

如何に検索されやすい言葉が

 

 

効果的に入っているタイトルを

 

 

付けることができるかが、

 

 

その後のアクセスを

 

 

 

集める鍵になってきます。

 

とは言え、例えば

 

 

ある芸能人が

 

 

結婚する話題であった場合に

 

 

「芸能人名、結婚、相手の名前」では

 

 

 

他にも似た記事が多くて、

 

 

埋もれてしまいます。

他にも、

 

 

テレビである商品 A が

 

 

紹介されたとします。

 

当然、放送直後より、

 

 

その商品が検索されだします。

 

その時に、

 

 

「○○テレビで紹介された【商品 A】」

 

 

という記事を

 

 

書いたとしても、

 

 

ほとんどアクセスを

 

 

集めることはできないです。

 

というのは、

 

 

他の人も同じような

 

 

タイトル付けをして

 

 

記事を公開するので

 

 

 

単純にやはり

 

 

 

埋もれてしまうからです。

 

せっかく時間を使って、

 

 

記事を書いても、

 

 

タイトル付けがダメで

 

 

 

アクセスが集まらないというのは

 

 

もったいないです。

こういった場合は、

 

 

キーワードをずらして

 

 

考えることで、

 

 

他に似た記事がいない

 

 

フィールドを作り出します。

 

 

今回の場合などは、

 

 

「相手の名前、結婚、プロフィール」などとして、

 

 

あえて主役を芸能人から

 

 

相手に置き換えて

 

 

記事を書きます。

 

 

多くの記事が

 

 

結婚する芸能人に

 

 

フォーカスしている所、

 

あえて相手の方に

 

 

フォーカスする

 

 

ということですね。

 

もしくは、

 

 

主役の芸能人の前に

 

 

付きあっていた人についてのことを

 

 

記事にしてもよいと思います。

 

 

つまり、

 

 

あるキーワードが話題になったときに、

 

 

そこから派生するキーワードでも

 

 

検索する人は必ず存在するわけで、

 

 

そういった層をターゲットに

 

 

するというわけです。

 

結婚のニュースであれば、

 

 

 

当然相手や前に付き合っていた人の

 

 

バックグラウンドにも

 

 

興味がある人は

 

 

必ずいると思います。

そのニュースの持っている

 

 

ストーリーのどこの部分を

 

 

フォーカスするかということです。

 

もう 1 つ例を挙げます。

 

 

例えば、

 

 

商品 A について調べているうちに、

 

 

関連商品や類似商品も

 

 

見つけたとします。

 

 

当然、

 

 

商品 A に興味持って

 

 

調べている人の何割かは、

 

 

その関連商品に

 

 

ついても調べるはずです。

 

そこで自分の記事に

 

 

集めるアクセスの

 

 

ターゲットを

 

 

【商品 A】ではなく、

 

 

関連商品【商品 B】に

 

 

ズラすわけです。

この場合は、

 

「商品 A」という

 

ビックキーワードで勝負しても

 

 

難しいので、「商品 A」の

 

 

関連商品や

 

 

類似商品などに着目

 

 

してみます。

「話題の【商品 A】を超える?【商品 B】を徹底解剖!」

 

といったタイトルにすることで、

 

 

「商品 B」で検索している人を

 

 

サイトへ呼び込むことができます。

 

当然、商品 A 単体で

 

 

上位表示されるサイトに比べて

 

 

アクセスは落ちますが、

 

 

埋もれてまったくアクセスが来ないという

 

 

無駄なことにはなりません。

 

仮に後日、

 

商品 B が

 

 

今度話題に上がった時には、

 

 

その記事が上位表示されます。

 

既に公開されていて

 

 

スピードが速いのと、

 

 

それまでにアクセスを

 

 

集めていてページの評価が

 

 

高まっているからです。

 

このような記事を沢山作ることで、

 

 

段々と安定的なアクセスを

 

 

集めることが

 

 

できるようになります。

もちとん本筋と比べれば、

 

 

アクセスの絶対数は

 

 

少なくってしまうかもしれませんが、

 

 

思いのほか検索される上に

 

 

ライバルも少なく

 

記事が爆発する可能性も

 

 

あります。

「世界で最も美しい顔ランキング」に

 

 

日本人がランクインしたニュースが

 

 

ありましたが、

 

 

既にそのことを話題にしているサイトは

 

 

沢山ありましたが、

 

 

1 位の人物について

 

 

取り上げているサイトは

 

 

ありませんでした。

 

この場合、

 

 

あえて日本人については触れずに、

 

 

1 位の人物について

 

 

フォーカスすることで

 

 

独占的にアクセスを

 

 

集めることができます。

 

つまり、主観を

 

 

変えるというずらしです。

 

 

本筋の話題だけではなく、

 

 

それに関連する話題が

 

 

 

気になる人というのも

 

 

必ず存在するので、

 

 

そういった人を

 

 

ターゲットにして記事を

 

 

作成します。

あとは

 

 

誤字系のずらしがあります。

 

誤字と言っても

 

 

本当の字が

 

 

間違っているわけではないです。

 

世間一般とは

 

 

違った言い方をする

 

 

ということです。

 

例えば、

 

 

野球選手の記事を書くとして、

 

 

ふつうは「○○投手」

 

 

と書くところを

 

 

「○○選手」とします。

 

ほとんどの記事が

 

 

「投手」としているところを、

 

 

あえて別の言い回しを

 

 

することで記事のタイトルを

 

 

ずらします。

アクセスを

 

大きく伸ばしたいので、

 

 

100%マッチした

 

 

タイトルを付けがちに

 

なってしまいますが、

 

 

結果的にアクセスが

 

伸びないことも多いので、

 

 

ずらしのテクニックを使った

 

 

タイトル付けは

 

 

心掛ける必要があります。

また、タイトルを付ける際は、

 

 

事前にその複合キーワードで

 

 

検索をして競合サイトがどの程度いるかの

 

 

確認はしておきましょう。

ちなみに既にお話ししているとおり、

 

 

最初は3つくらいの複合キーワードでしか

 

 

上位表示できなかったものも、

 

 

検索される回数が増えれば、

 

 

徐々に2つ、そして最終的に

 

 

1つのキーワードでも

 

 

上位表示されるようになります。

 

つまり、

 

 

 

最初にメジャーなキーワードを

 

 

 

複数使ってタイトルを作っても、

 

埋もれてしまって

 

 

結局あまり

 

 

アクセスを集めることが

 

 

できないという状態よりは、

 

 

ズラしたキーワードを含めて

 

 

タイトル付けをして

 

 

アクセスを集め、

 

 

最終的に

 

 

メジャーキーワードで

 

 

 

アクセスを

 

 

集めることができるようなことを

 

 

 

狙うべきです。

今回の例で言うと、

 

 

「芸能人名、結婚、相手」

 

 

というキーワードで

 

 

タイトルを付けるよりは、

 

 

「芸能人の前に付き合っていた人、

 

 

プロフィール、芸能人名」

 

 

というキーワードで

 

 

タイトルを付けておいて

 

 

アクセスを集め、

 

 

最終的には

 

 

「芸能人名 結婚」などで

 

 

上位表示されることを

 

 

狙います。

 

もちろんタイトルには

 

 

「結婚」の文字は

 

 

入っていませんが、

 

本文中に入っている

 

 

「結婚」の文字でも

 

 

検索にひっかかるようになります。

 

 

こうしたズラしのテクニックは、

 

 

トレンドサイトで

 

 

アクセスを集めていくには、

 

 

必ず必要になるので

 

 

しっかりと身につけておきましょうね。

 

 

 

また続きを

 

 

 

読んんで

 

 

 

頂けたらと

 

 

おもいます。

 

 

m(_ _)m

 

-アクセス, アフィリエイト, キーワード, コピーライティング, ネットビジネス, ブログ, モチベーション, 情報発信
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

読みやすい文章 ・読みにくい文章・効果的なタイトルのつけ方

たった今、あなたの視界に入ってくる景色を、 ぐるっと見回してみてください。 そこにはどのくらいの文字が見えるでしょうか? 今この瞬間だけでも、 あなたの周りには、 数千という文字に囲まれているかと思い …

グーグルアドセンスからブログを使って無料でネットビジネスをはじめる

インターネットが世間に普及してから、   これまでとは全く違ったマーケティング手法、   広告形態が出現してきました。   まず、ブログや SNS などの   …

アフェリエイトを始めるための準備

ネットでお金を稼ぐ楽しさを実感しながら、 将来に役立つ情報を解りやすく 発信していきたいと思いますので、 気楽にお付き合い下さいね。 今回はアフェリエイトについて書いていきます。 アフィリエイトにもい …

ネットビジネスにおいてマーケティングで大切なスキル

知識の蓄積は成功を近づける     あらゆる業界でビジネスを成功させるには、     マーケティング手法を学び     実践することが重要な …

トレンドサイトで安定的アクセスを集める

トレンドサイトに限らず、     どのウェブサイトにおいても     記事数とアクセス数は     比例する傾向にあります。   …

はじめまして、ヒロです!

私のブログに訪問していただき
本当にありがとうございます!
まずは私の自己紹介ページを
ご覧ください^^