SEO アフィリエイト コピーライティング ネットビジネス マーケティング 情報発信

ネットビジネスにおいてマーケティングで大切なスキル

投稿日:2017年6月9日 更新日:

知識の蓄積は成功を近づける

 

 

あらゆる業界でビジネスを成功させるには、

 

 

マーケティング手法を学び

 

 

実践することが重要なポイントとなります。

 

 

これはネットビジネスにおいても

 

 

同様であり、

 

 

自分達マーケッターは

 

 

ネットマーケティングの

 

 

重要性受け止めなくてはいけません。

 

 

様々なマーケティングのカテゴリから

 

 

インターネットに関するものだけを

 

 

絞り込んだとしても、

 

 

その全てを極めようとすれば、

 

 

やはり膨大な知識を習得する必要があり、

 

 

それなりの時間を必要とします。

 

 

勿論、長期間を要したとしても

 

 

プロ並な知識を習得できれば、

 

 

競争社会で優位性を得る為の

 

 

大きな強みとなりますし、

 

 

豊富な知識量を備えることに

 

 

越したことはないのですが、

 

 

しかし

 

 

自分達の目的は

 

 

知識レベルにおいて

 

 

プロ並になる事ではありませんよね。

 

 

自分達の目的は

 

 

インターネットを活用して

 

 

利益を生み出し、

 

 

ネットビジネスを成功させることです。

 

 

したがって、

 

 

知識レベルを最高へ持っていくことを

 

 

優先するのではなく、

 

 

最低限必要な知識を

 

 

習得しながら実践に活用し、

 

 

成果を出しつつ

 

 

スキルアップも継続させることが

 

 

大切なのです。

 

 

必要最低限と言っても、

 

 

素人に毛が生えた程度の知識では

 

 

何の役にも立たないこともありますので、

 

 

それぞれが選択した稼ぎ方に応じて

 

 

しっかり利益を出せるレベルの

 

 

知識を段階的に高めていくことが

 

 

理想的ではないかと思います。

 

 

また、インターネットの世界は流れが速く、

 

 

日々変化しています。

 

 

有効とされるネットマーケティングの手法も

 

 

変化をしています。

 

 

このような状況の中でも、

 

 

現段階のマーケティングで

 

 

欠かすことのできない

 

 

最低限のスキルと言える

 

 

代表的な事について

 

 

解説したいと思います。

 

 

コンバージョン率の最適化

 

 

コンバージョンの定義は

 

 

少し曖昧ですが、

 

 

ブログのような場合は

 

 

会員登録や広告収入の成果が

 

 

定義化されると思います。

 

 

では、具体的に

 

 

コンバージョン率の最適化とは

 

 

どのようなものなのか?

 

 

それは、

 

 

売上経路の最適化を図ることです。

 

 

売上経路を最適化することによって

 

 

サイトへの集客を増加させることができます。

 

 

そして、

 

 

集客の増加は売上の拡大へ

 

 

大きく関わります。

 

 

このように

 

 

コンバージョン率の最適化を図ることによって、

 

 

コストを抑え収益を拡大させることも

 

 

可能になるのです。

 

 

アフィリエイトの成果に繋がる導線作り

 

 

利益へ直結するページへ自然に誘導する

 

 

ブログを活用したアフィリエイトでは、

 

 

最も重点的に力を入れるべき

 

 

取り組みが2つあります。

 

 

1つは検索エンジンで上位表示させる為の

 

 

SEO対策、

 

 

そしてもう一つは

 

 

サイトに訪問したユーザーが興味を持ち、

 

 

利益へ直結する場所へ誘導できる

 

 

質の高い記事作りです。

 

 

この2つの取り組みは、

 

 

WEBサイトを取り巻く構造の

 

 

内外部へ非常に大きな影響を与えます。

 

 

特に内容の充実した記事の中に

 

 

収益化できるような導線を構築することは、

 

 

インターネットの構造に与える影響以外にも、

 

 

外観的なサイトの

 

 

見た目や人間の心理に与える影響が大きく、

 

 

重要なポイントとなります。

 

 

サイトに訪問したユーザーから

 

 

利益に繋がる行動を起こしてもらう為には、

 

 

色々な記事に興味を持ってもらい

 

 

サイト内を広く回遊してもらうことが

 

 

効果的であると言われています。

 

 

しかし、

 

 

回遊率を高める為に

 

 

導線構築を意識しすぎて

 

 

複雑な回路にしてしまうと、

 

 

デザインを損ねてしまったり、

 

 

不自然な記事内容になってしまうことも

 

 

少なくありません。

 

 

このような失敗には、

 

 

そもそも誘導先が明確になっていない場合や、

 

 

売上の向上ばかりに目が行き

 

 

誘導場所が複数存在しすぎる場合が多く見られます。

 

 

複雑な回路に訪問ユーザーは、

 

 

混乱してしまったり不快感を抱いてしまったりします。

 

 

自分達アフィリエイターは

 

 

何とかして

 

 

バナー広告やテキスト広告のある、

 

 

利益へ直結する場所へ

 

 

ユーザーを導きたいと考えます。

 

 

しかし、

 

 

安易に利益を生み出す場所を

 

 

沢山設置したからと言って、

 

 

必ず成果に繋がるわけではありませんし、

 

 

そもそもお金を生み出す場所を

 

 

そんなに簡単に

 

 

多く作れるものでもありません。

 

 

欲張りすぎて多く作った結果、

 

 

訪問ユーザーを

 

 

迷路のようなわかり難い道へ

 

 

引き込んでしまい、

 

 

混乱や不快感を招いてしまうのでは本末転倒です。

 

 

先ずは、

 

 

ユーザーに対し

 

 

自信を持って紹介できる

 

 

最終到達点となるページを作成し、

 

 

その場所へ

 

 

集中的に自然な流れで誘導するべく、

 

 

導線構築して

 

 

成功事例を作り上げることが大切です。

 

 

迷わず回遊できる目印を設置する

 

 

サイト構築していく際に

 

 

どのページを開いた場合でも、

 

 

「今どの場所に居て、

 

 

次に行きたい場所へは

 

 

どのようにすれば行けるのか?」を

 

 

訪問ユーザーに対し明確にしてあげることは

 

 

とても大切です。

 

 

この問題を解決するには、

 

 

パッと見でわかる

 

 

目印となるリンクを

 

 

設置することが有効です。

 

 

1、サイトのロゴへ

 

 

トップページのリンクを設置する

 

 

2、ページの上部へ

 

 

戻れるリンクを設置する

 

 

3、パンくずリストを設置する

 

 

4、関連あるページの一覧

 

 

(まとめページ)を作成し

 

 

リンクを設置する

 

 

5、検索窓を設置する

 

 

6、個別記事へ関連記事の

 

 

リンクを設置する

 

 

7、個別記事下部へ

 

 

トップページの

 

 

リンクを設置する

 

 

これらのリンクや検索窓の設置は

 

 

やり方を調べれば

 

 

初心者でも比較的簡単にできますし、

 

 

ブログサービスでは

 

 

標準装備されているものも多くあります。

 

 

注意してもらいたいのは、

 

 

サイトのデザイン性や

 

 

ユーザーの利便性を

 

 

十分に考えて設置してもらいたいと

 

 

言うことです。

 

 

リンクが多すぎて

 

 

複雑になることだけは

 

 

避けましょうね。

 

 

納得させる文章力が有効な導線の力を発揮する

 

 

リンクの設置などは

 

 

設置方法さえマスターすれば

 

 

誰でもできる作業です。

 

 

自分達が普段利用する

 

 

道路に当たり前のようにある

 

 

道路標識のようなものなのです。

 

 

しかし、

 

 

道路標識を辿って道を進む場合は

 

 

目的地が事前に決定しているはずですね。

 

 

訪問したユーザー自身が

 

 

事前に決定していた目的地から、

 

 

あなたが望む誘導場所へと

 

 

目的地を変更してもらう為には、

 

 

親切な道路標識だけでなく

 

 

誘導場所が魅力的である事を

 

 

アピールをすることが必要になります。

 

 

「どんなところが魅力的で、

 

 

目的地を訪問することで

 

 

どのようなメリットが存在するのか」

 

 

と言うことを説得力のある

 

 

アピールが大きな効果を発揮します。

 

 

サイト内を回遊中に

 

 

元々関心がなかったものに対して

 

 

興味を示すようになったり、

 

 

既に興味津々な事柄に

 

 

更に強い関心を

 

 

抱いたりするようになる時は、

 

 

やはり人間の言葉が

 

 

きっかけとなることが多いです。

 

 

つまり、

 

 

自分達の場合には

 

 

作成した記事で

 

 

ユーザーを納得させる

 

 

文章力が必要になるわけです。

 

 

但し、ユーザーが納得して

 

 

導線を辿っていくには、

 

 

それなりの工程が必要です。

 

 

いきなり最終目的地へ誘導するような文章は

 

 

強引であり、

 

 

押し売り的な

 

 

イメージを持ってしまう可能性があります。

 

 

ごく自然な流れで、

 

 

更に訪問したユーザーが

 

 

楽しみながらサイト内を回遊できる

 

 

文章作成を心掛けましょう。

 

 

自分達はWEBサイトを運営している以上、

 

 

訪問ユーザーに対しては

 

 

優秀なナビゲーターであり

 

 

ガイドである必要があります。

 

 

訪問してくれたユーザーに

 

 

気持ちよくサイト内を回遊してもらい、

 

 

その上で上手に

 

 

収益化していくことが

 

 

ポイントとなるのです。

 

 

読者の購買意欲を喚起するストーリーの構築方法

 

 

優れたストーリーは

 

 

コンテンツマーケティングを加速させる

 

 

WEBサイトを通じてネット収入を得るには、

 

 

SEO対策はとても

 

 

重要な取り組みとなります。

 

 

有効と言われるSEO対策の取り組みは

 

 

色々ありますが、

 

 

自分達のようなブロガーが

 

 

最も重要視すべきは

 

 

良質なコンテンツを作り上げることでしょう。

 

 

専門性が高く内容の充実した記事を

 

 

多く作成しまめに更新していくことで、

 

 

検索エンジンは

 

 

自分達のブログを

 

 

良質なコンテンツとして認識してくれます。

 

 

取り組みが功を奏し

 

 

検索上位に掲載されれば、

 

 

多くのネットユーザーの目に

 

 

触れることになるわけです。

 

 

そして、

 

 

専門性が高く

 

 

内容の充実した記事作成に

 

 

もう少し手を加えることで、

 

 

コンテンツマーケティングを

 

 

更に加速させることができます。

 

 

それは、

 

 

ユーザーの購買意欲を喚起する

 

 

ストーリー性を

 

 

個別記事やブログ全体へ

 

 

加えることです。

 

 

個別記事では、

 

 

単純に商品を

 

 

ゴリ押しする文章を書くのではなく、

 

 

ユーザーが自然な流れで

 

 

購買などの行動を納得できる

 

 

ストーリーの構築が必要となります。

 

 

また、

 

 

ブログ全体としても

 

 

記事同士が自然な流れで繋がりを持ち、

 

 

収益へ直結するページへと

 

 

集中的に誘導できる導線の

 

 

構築が必要になるのです。

 

 

ストーリー仕立てのWEBサイト構築

 

 

購買意欲を自然な流れで掻き立てるには、

 

 

運営サイト全体が

 

 

ストーリー性を帯びている

 

 

必要があります。

 

 

・ユーザーの好奇心をかき立て注目を引く

 

 

・一歩踏み込めば、

 

 

もっと知りたくなるような

 

 

導線が引かれている

 

 

・ユーザーが納得し、

 

 

更に他の人達へ伝えたくなるような

 

 

結論が構築されている

 

 

大まかに良いストーリーの条件を並べると

 

 

このような感じになります。

 

 

人間のニーズを利用する

 

 

良いストーリー展開は、

 

 

上手に人間のニーズを利用しています。

 

 

人間のニーズの根本となる一つが

 

 

「知りたい」と思うニーズです。

 

 

例えば、

 

 

ネットビジネス初心者が

 

 

知りたい情報は

 

 

「ネットの稼ぎ方」ですよね。

 

 

更に細かく見ると

 

 

「難しいのか、簡単なのか」

 

 

「自分にもできるのか」

 

 

「どのくらいの期間で、

 

 

いくらぐらい稼げるのか」

 

 

などです。

 

 

このニーズを順序立てて

 

 

満たしてあげるような

 

 

導線を構築すれば、

 

 

ネットビジネスに少しでも興味ある

 

 

ユーザーは引き込まれていきます。

 

 

感情を込めることで共感を誘う

 

 

記事に感情を込めることは、

 

 

良い方向に作用する場合と

 

 

悪い方向に作用する場合の

 

 

二通りがあります。

 

 

悪い方向へ作用する場合は、

 

 

自分の感情を

 

 

ユーザーへ押し付けるような

 

 

記事作成をしている時です。

 

 

良い方向へ作用するように導くには、

 

 

ユーザーの共感を

 

 

得なくてはいけません。

 

 

人間の感情は様々です。

 

 

「幸せ、悲しみ、衝撃、

 

 

不安、期待、矛盾」などなど。

 

 

では、あなたが

 

 

ネットで収入を得ようと

 

 

ブログの運営を始めた時には、

 

 

どのような感情を

 

 

持っていたでしょうか。

 

 

やはり色々ですよね。

 

 

期待もあれば不安もあり、

 

 

疑いもあれば、

 

 

時には怒りもあったのではないでしょうか?

 

 

つまり、

 

 

ユーザーの不安や迷いを

 

 

解消するような記事や、

 

 

時にユーザーの苦労に

 

 

共感するような記事や、

 

 

そして期待に応える

 

 

アイディアの提案など、

 

 

ユーザーが持つであろう感情を想定し、

 

 

自分の感情も込めることで

 

 

共感を呼ぶことになるのです。

 

 

有用性の意識を絶対忘れない

 

 

良質なコンテンツである為には、

 

 

ユーザーに

 

 

役立つ情報であることが

 

 

前提となります。

 

 

ストーリーの構築を考えていると、

 

 

色々なアイディアなどが頭を巡り、

 

 

ユーザーを

 

 

コントロールすることのみに

 

 

固執してしまいがちです。

 

 

例えば自分の場合は

 

 

ネットで稼ぐ方法を提供しながら、

 

 

その恩恵として

 

 

利益を得られるような構成にしています。

 

 

ですから、

 

 

自分が利益を得る以前に、

 

 

ユーザーが

 

 

ネットビジネスの知識に触れることで

 

 

満足してもらわなくてはいけないのです。

 

 

ユーザーのコントロールばかりを

 

 

意識したサイトは、

 

 

自己満足や

 

 

利益優先が

 

 

前面に出てしまいます。

 

 

結果的に

 

 

ユーザーの離脱を招く

 

 

可能性が高くなりますので、

 

 

常にユーザーの利益、

 

 

ユーザーの満足を

 

 

念頭に置いてサイト構築することが

 

 

大切なのです。

 

 

記事作成だけでなく、

 

 

WEBサイトの様々なパーツの配置や

 

 

サイト全体のデザインなども

 

 

ストーリーにリンクしたもの、

 

 

ストーリーを

 

 

引き立てるものでなくてはいけません。

 

 

良いストーリーを構築するには、

 

 

サイトとリンクする

 

 

全てのものが

 

 

多かれ少なかれ関係しています。

 

 

記事で読者を説得

 

 

読者の心理を読み解き

 

 

要所で行動喚起を促す

 

 

自分達がブログ運営を成功させる為には、

 

 

先ずアクセス数を増加させ、

 

 

多くのユーザーから

 

 

サイトに訪問してもらう必要があります。

 

 

検索上位に表示されるサイトは、

 

 

多くのユーザーから

 

 

アクセスしてもらえる

 

 

可能性が高まりますので、

 

 

この条件をクリアする為に

 

 

多くのブロガーは

 

 

有効なSEO対策の

 

 

取り組みに注力しています。

 

 

しかし、

 

 

アクセス数を増やし

 

 

多くのユーザーから

 

 

ブログに訪問してもらうことは

 

 

第一関門の突破であって、

 

 

それだけでは

 

 

自分達の利益にはなりません。

 

 

当然ながら、

 

 

読者が興味を示す

 

 

魅力的な記事を作成し、

 

 

多くのページを

 

 

回遊してもらえるような

 

 

ブログ構築が必要ですし、

 

 

ただ記事に

 

 

興味を持ってもらうだけではなく、

 

 

自分が望む行動

 

 

(購買、契約、登録など)を

 

 

してもらえるような

 

 

導線作りが必要となります。

 

 

但し、

 

 

ブログの収益化だけを優先し、

 

 

情報量が少ない上に

 

 

押し売り的な文章で

 

 

読者を勧誘するような記事は

 

 

嫌われます。

 

 

読者の欲している

 

 

情報量が豊富で、

 

 

要所で自分が望む行動を

 

 

喚起するような、

 

 

ごく自然な説得力が必要となります。

 

 

注意してもらいたいのは、

 

 

説得することは

 

 

懇願したり強要したりするものとは

 

 

全く違うと言うことです。

 

 

ブログの中での説得とは

 

 

読者のメリットを強調し、

 

 

読者の抱える問題を解決し、

 

 

そして読者に納得してもらうことです。

 

 

その為、

 

 

1つの記事で全てにおいて

 

 

説得することは不可能ですし、

 

 

嫌われるブログの対象と

 

 

なりかねませんから、

 

 

複数の記事で

 

 

丁寧且つ自然な流れで

 

 

納得してもらえる説得を

 

 

繰り返すことが大切なのです。

 

 

返報性を促す記事作り

 

 

返報性とは、

 

 

誰かに何かを与えた時に、

 

 

恩を返したくなる

 

 

心理状況のことを言います。

 

 

返報性を意識した

 

 

記事作りをすれば、

 

 

ユーザーへ直接

 

 

こちらからお願いしなくても、

 

 

ユーザーは行動を

 

 

起こす可能性が高まります。

 

 

例えば、

 

 

何らかの商品(或いは部品)や

 

 

情報の一部を

 

 

無償で提供することによって、

 

 

その後、

 

 

商品(或いは部品)、

 

 

情報を購入する可能性が

 

 

高まります。

 

 

これは返報性による作用と

 

 

言えます。

 

 

有益な情報の一部を

 

 

無償で提供し、

 

 

情報全体の購買意欲を

 

 

煽るようなやり方もよく

 

 

目にしますね。

 

 

また、

 

 

譲歩することでも

 

 

返報性は利用できます。

 

 

大きな(或いは困難な)

 

 

お願いをした場合には

 

 

断られる可能性が高いですが、

 

 

その後に譲歩して

 

 

小さな(或いは簡単な)

 

 

お願いをした場合、

 

 

2度目にはお願いされた側も、

 

 

1度断っている分

 

 

「今度は譲歩して承諾しなくては」

 

 

と言う

 

 

返報性の作用が働きます。

 

 

この返報性の作用を利用して

 

 

記事作成すれば、

 

 

やはりユーザーが

 

 

行動へ移行する

 

 

可能性は高くなります。

 

 

一貫性のある記事作りをする

 

 

サイト作りは

 

 

コンセプトに沿って、

 

 

一貫性のあるものでなければ

 

 

いけません。

 

 

一貫性のないものは、

 

 

信用、信頼に欠けます。

 

 

サイト内容に一貫性があり、

 

 

専門性の高い内容であれば、

 

 

ユーザーの行動は

 

 

その都度決断をする必要がなくなります。

 

 

なぜなら、

 

 

十分に信用と信頼を得ていますから、

 

 

最初の決断のみで後の決断のハードルを

 

 

低く設定できるからです。

 

 

結果的に

 

 

サイト内から多くの商品を

 

 

定期的に購入してくれたり、

 

 

登録作業などをしてくれるようになります。

 

 

価値の証明をサイトへ盛り込む

 

 

ユーザーが

 

 

行動を決断する材料の一つが、

 

 

価値あるものだと言うことを

 

 

自分以外に証明している人がいることです。

 

 

商品購入者の声や、

 

 

読者の感想などは

 

 

提供している価値を

 

 

証明してくれる

 

 

大きな武器になります。

 

 

特に

 

 

初回の訪問ユーザーなどは、

 

 

自分以外のユーザーが

 

 

価値を証明していることで、

 

 

安心度合いが一気に増します。

 

 

ユーザーの好みを知る

 

 

こちらのブログでは

 

 

ネットビジネスの

 

 

知識を提供しています。

 

 

特に初心者の方や、

 

 

あまりネットビジネスが

 

 

上手くいっていない人へ向けた

 

 

内容が多い構成になっています。

 

 

例えば、

 

 

ファッションの広告などでは、

 

 

容姿の優れたモデルなどを

 

 

活用することで、

 

 

ユーザーの憧れを煽り、

 

 

ファッションが

 

 

更に引き立ちます。

 

 

ネットビジネス初心者の方が

 

 

好むサイトは、

 

 

わかりやすく解説され

 

 

実践に移行しやすく、

 

 

そして本当に稼げるものです。

 

 

更に、

 

 

徐々に自分自身がステップアップできるものは

 

 

尚好まれます。

 

 

サイトの希少性を高める

 

 

人は豊富なものを過小評価し、

 

 

希少なものを過大評価する癖があります。

 

 

よく見かけるのが、

 

 

「残り●●個」

 

 

「残り●日」

 

 

と言ったフレーズです。

 

 

今までは、

 

 

希少でなかったものが、

 

 

急に希少価値を増すことで、

 

 

衝動的な購買意欲を煽ったりします。

 

 

記事に対して納得するか否かは、

 

 

当然ながら読者自身が判断することです。

 

 

説得はしつこければ敬遠されてしまいますし、

 

 

弱ければ読者が気付かないこともあります。

 

 

「ごく自然な流れで効果的な説得力」を

 

 

身に付けることは決して簡単ではありませんが、

 

 

意識すれば説得力は高まるはずです。

 

 

またいろいろと

 

 

勉強してお伝えしていきます。

 

 

-SEO, アフィリエイト, コピーライティング, ネットビジネス, マーケティング, 情報発信
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ネットビジネスの初歩であるアフィリエイトを知る

アフェリエイトとは?ネット上にある自分の媒体で商品や サービスなどを紹介して、お客さんが自分のアフェリエイトリンクから 購入してもらった時に報酬が発生するビジネスだということですね。 なので必要なもの …

記事を書くときに必要な文字数と記事の書き方の5つのポイント

こんにちはヒロです。   今回は記事を書くときに必要な文字数と、   記事の書き方の5つのポイント、   ということで書いていきたいと思います。   早速、必要 …

グーグルアドセンスからブログを使って無料でネットビジネスをはじめる

インターネットが世間に普及してから、   これまでとは全く違ったマーケティング手法、   広告形態が出現してきました。   まず、ブログや SNS などの   …

アフェリエイトを始めるための準備

ネットでお金を稼ぐ楽しさを実感しながら、 将来に役立つ情報を解りやすく 発信していきたいと思いますので、 気楽にお付き合い下さいね。 今回はアフェリエイトについて書いていきます。 アフィリエイトにもい …

読みやすい文章 ・読みにくい文章・効果的なタイトルのつけ方

たった今、あなたの視界に入ってくる景色を、 ぐるっと見回してみてください。 そこにはどのくらいの文字が見えるでしょうか? 今この瞬間だけでも、 あなたの周りには、 数千という文字に囲まれているかと思い …

はじめまして、ヒロです!

私のブログに訪問していただき
本当にありがとうございます!
まずは私の自己紹介ページを
ご覧ください^^